お出かけ

Wの悲劇 と 結末



11月11日 この日は待ちに待った年に一度の旅行の日でした。
ペグ姉は職場の関係で年に1度しか有給休暇を有効利用できません。加えて今の私は旅行の日程をとるのは難しいのですが 何とかやりくりして実現へとあいなりました。

1か月ほど前からペグ姉が旅行のプランをじっくり練って立ててくれていました。



いよいよ当日 初日は家から一番遠い所に宿をとり それからだんだん家の方に戻ってくるという3泊4日のコースです。
それで、AM5:50位に出発し、一路安全運転で目的地に目指していました。

新名阪高速道路に入りしばらくすると携帯の音が・・・・



出てみるとなんと!ノンタンが脱走した!と言うではありませんか
ありえへん!
どうすべきか!
ノンタン命!のペグ姉にとっては このまま旅行を続けても気持ちが落ち込んで楽しくないだろう。ひとまず次の サービスエリアについて考えよう。と思ったけれど次のSAまで17キロ以上有る。そこまで行ってもすぐにUターンはできないと悟り、すぐに一番近いICで降りて 家に戻ることに決定 。既に家から100キロは走っていた。


往復200キロを走って自宅に着く。既に2時間ほど経っていて ノンタンはどこに居るのやら。。。



とにかく近所を探し回り 警察に届けに行った。



何回も何回もあちこちを探すも 姿は見えず。
この頃までにペグ姉はかなり落ち込んで 泣いてばかりいた。私でさえ1日で1キロ体重減!だった。(関係無し?)


事のしだいを Kさんに知らせる。Kさんは捜索方法をいろいろ詳しく教えてくださった。


それをベースに 夜間の捜索はもちろんの事 早朝暗がりの時の捜索も有効なのを知りAM4:00頃からの捜索もする。(この時間帯はペグ姉だけですが)

チラシも有った方がいいだろうと 100枚余りを刷り 翌12日から配る。


12日もあちこち何回も捜索 以前手がかりなし。 
昼間に住之江警察から電話あり。似た猫を保護したとのこといろいろ丁寧に特徴などを聞いて下さって ノンタンか??と話を進めるが どうも違うようだ それでも一部の希望を抱いて「見に行きます どの辺ですか?」と聞くと「南港の辺り」とのこと。そりゃ何が何でも遠すぎる。1日でノンタンがそんな遠方まで行かないだろうと 断念する。


迷い猫の一日の移動距離などを考慮して もっと遠方までチラシを配った方がいいのかと
夜にまた100枚余りを印刷する

夜の捜索でも手がかりなし。このころから鮭を片手に捜索する。

翌13日の早朝もペグ姉は捜索。私も行くべきか?と迷っている時に 「ノンタンの鈴の音がした!」と携帯がかかって来た。急ぎ身支度をしてそこに行くが姿は無し、ぐるりと反対側に回って行くと ノンタンの目と合った!


でも瞬間どこかに行ってしまった


この日は 明るくなってからも ノンタンの居た近所のみを集中して捜索。加えてご近所さんに夜にノンタンを見かけた場合勝手に敷地内に入らせていただくことの許可を得ておいた。皆さん快諾してくださって助かりました。


PM7:00 捜索   居ない


PM8:00 捜索   居ない


PM9:00 捜索   居ない
もっと遠くに行ってしまったのだろうか・・・・


ノンタンの鈴の音がした! 姿無し 


逃げ出したリビングのガラス戸をこのところ開けっ放しにしているが そこを出た所に鮭の匂いをプンプンにして うちわであおぎノンタンの鈴の音のした方向に流す。



ノンタン現れず


が、9:18  にゃ~~!と 大きな声が聞こえた。
何処!


見ると 隣との塀の上に座ったノンタンが 大きな声で何回も鳴いている。


ペグ姉は鮭を片手に 慎重に慎重に近づいて ガバッとノンタンの首輪を捕まえた!


2014111304.jpg


家に戻った直後のノンタン



2014111300.jpg


何処に行っていたの?とノンタンの体についた匂いを嗅ぐペグ



2014111302.jpg


ユナもペグも ノンタンを追い回している



2014111301.jpg

ノンタンはかなり 喉が渇いていたようだった。




2014111303.jpg


そして今朝の様子です。
まるで ここ数日のことが無かったような。。。



今回学んだこと

大阪府下在住だと 自分の市に迷い猫のことを届けると その他の市(大阪府下内)と連携されていて 情報は一括されるとのこと。

感動したこと

今回突然の 宿泊キャンセルにつき (そこの宿によって異なると思いますが)当日キャンセルは100%支払いをしました。
が、3泊目の予定だった所には前日キャンセルを入れると キャンセル料は発生しませんでした。
場所は アクア ペンション クッチェッタです。次回もしこの方面に行くことが有れば 是非利用したいものです。電話応対もとても感じ良かったです。


警察の方に届けた「遺失物届」で迷い猫が自分の方で見つかった場合 警察の方にその旨電話連絡しなければならないのですが 電話口に出られた警官が 事務的に応対されるのではなく こちらと同じ思いで喜んで下さったのが印象的でした。


住江警察の女性警官の方も熱心に応対してくださいました。



色々な方にお世話になりましたが 特に遠方のKさんにはかなりの力になっていただきました。ありがとう。
以後 ノンタンが再び迷い猫にならないように 充分気をつけます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード