ユナとノンタンとペグ

昨年末からの持越し心配事



20130104.jpg


新年の3ショット

3者の間の 妙な空間




201301041.jpg


誰かが誰かに引っ付くということも無く


しら~~~っとした 空気が流れているのに お気づきでしょうか?





実は 昨年ユナがアレルギー症状を発生した頃に ユナはノンタンが自分に引っ付いたり 背中に乗ったりするのを嫌っていました。原因はよく分からないのですが (ノンタンがユナの耳を噛んだとか?)ユナがガオッと、ノンタンに対して怒る声を何度か耳にしました。




それ以来 ノンタンもユナに引っ付くのを警戒していました。
寄り添いたい気持ちをペグに表現したりしていましたが、ペグはびびりなのでちょっとした瞬間にびびってしまうと ノンタンから離れてしまう状態で、ノンタンは寂しそうでした。


けれども





201301042.jpg


今朝のことです。
静かな部屋をちょっと見たら



こんなことになっていました。


全くユナは怒っていませんでした!
拒否する声は 聞こえませんでした!




201301043.jpg



しばらくして 毛と毛で滑り落ちたのか?
この体勢でじっと寄り添っています。


今日からはもう元の 仲良しさん?
まだ これからぼちぼち状態?


どちらにしても この件についての心配はもう終わりです。。。。

スポンサーサイト

 

良かった~

なんて愛らしい姿なんでしょうe-266
なんか、涙出ますね~

きっと、ユナちゃん・・・
調子悪かったから、引っ付かれるのが嫌だったんでしょうね。
でも、意味の分からないノンタンには、気の毒でしたね。
でも、これで一件落着~
ホントに良かったです。

それにしても・・・
ノンタンは、自分が猫ちゃんだなんて思ってないのでしょうか?
一緒に暮らすと、ワンコと猫ちゃんも、こんなに仲良く出来るんですね。
愛らしい写真ですわんe-420

ハウルといえば・・・
猫を見ると、攻撃態勢になるんですぅ~
ある意味、本能的なのでしょうか?
なんで無視できないのか?
困ったちゃんですわ~

No title

チャム・リム・Yさん  お久しぶりです。私も読み逃げ チャム・リム・Yさんも読み逃げしてくれていたのですね。嬉しい!
“ひだまり”やお泊りに気軽に行けるご家族をうらやましく思っていましたよ~~ん。家族一致で行動できるっていいですね。

昨夜はノンタン ユナの背中に片手を乗せただけでじ~~~っとしていました。ユナのオーラを敏感に感じ取って 「今夜はここまでの方がいいのだ」と理解していたようで 真剣な行動をこちらは 遠巻きに観察していました。

ユナも外では 野良ちゃんとか(小型犬)には興奮してしまいます。カラスにだって空に向かって飛び立つ如くに挑戦するのですからね。いい加減にマスターして欲しいけれど ユナは「“ヒール”だけは 習得しません」と、今に至っても主張しています。今まで何百回と私が“ヒール”を行って来たことか・・・・

ことしもよろしく。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード