ユナとノンタンとペグ

療養中のユナを見守りながら



20121117.jpg



ユナちゃんは怪我をして イタイタなの。

と、皆はいつもより静かに過ごしている。



でも朝食後の最初のトイレ出しの後は最近いつも2頭で元気よく遊んでいるから ペグもあそぼ!と 誘ってくる
そしてユナも走り回って遊びたくなる。

それを慌てて 止めんかい!と急いで静止させる訳だけれど

今日日曜日の朝には 昨日針の周りは白くなっていたのが 何となく赤みを帯びて そのしばらく後にはうっすらと血が・・・・滲み出していた!


これからはもっと絶対安静だわ!




201211173.jpg


ユナのことは心配だけれど
ペグと2人の散歩もとっても楽しい
いわゆる散歩そのものになる訳で
緊張感も 余計ないつでもどんな時でも ぐっとリードをしっかりもたねばならない構えも全くいらないし、わんこがここの家には居そうだと思っても そんなこと気にしなくても何処にでも歩いて行けると言う利点が有ります。


そんなあたりまえのことが ペグとの散歩ではごく普通にできるのです。(この嬉しさ 分かってもらえるかしら?)



201211172.jpg

ペグちゃんと声をかけた時もこっちを向くし

声をかけなくても 時々こちらを見ながら歩いている



201211175.jpg


ユナちゃんは イタイタだから 今日はペグの側に居るか。。。




201211176.jpg



2頭は 私の膝の上に乗って テレビを見ています。


この時期をきっかけに ペグとノンタンの距離も今までより縮まるかしら????
スポンサーサイト

 

本当にね

家族の誰かが怪我をしたり、不調だったりした時は、
犬たちは、ちゃーんとわかっているんだもんね。

ユナちゃんが、痛い痛いの時は、
こうして二匹で、寄り添って大人しくしていてくれる。
ユナちゃんも、いよかんさんも大助かりですね。

動物は、寝て傷を治す本能がありますからね。
今は、安静、安静ですね。

ペグちゃんも、ノンタンも良い子、良い子^^

No title

クマンノママさん  そうですね。分かってくれるのは助かります。ノンタンも最初1度ユナに怒られてからは ユナの体の上には乗っていません。治ったらまた乗るでしょうね。

ペグも毎朝一緒に遊びたがるし、ユナも気落ちしています。

身から出たさび?

安静安静 ですわ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード