思い

どうしてなの? 



2010112802.jpg

ユナは相変わらず元気にしています。

制服をきている子が側を通ると なんで制服着とるんや! と興奮し

犬は苦手だと オーラを出す子には 私をこわがるんじゃない! と飛び掛ろうとするし

側を走って行く子にも 歩いて通れ! と威嚇する


真実はユナに聞いてみないとわからないけれど まあこんな調子を現在も貫いています。

 
2010112801.jpg

さて、今日はどういう訳か トマトソースを作りたくなった。

家で自分からスパゲッティー料理を作らない(スパゲッティサラダくらい)私 なのですが
トマトは大好き。
本を見ていて とても美味しそうに見えたので 2550gのトマト缶を早速買って来て
本のとおりに 作っていく 
もっと、ピューレのように濃厚になっていくのかと思ったけれど案外水分が蒸発しない

充分に煮詰めてから 塩を入れる 大匙2杯と書かれている

ほんまかいな?!

からすぎない???

普段から薄味専門の私

ちょっと迷ったけれど 2杯入れ その他のスパイスも入れる。スパイスは遠慮なく入れた。


やっぱり塩多すぎたかな?と心配しながら 味をみる


うううまい!


こんなにたくさん  うまい!



2010112800.jpg

ところで私が言いたかった本題 

このトマト缶を開けるのにこの缶切りました。

これは先日 実家から持ち帰った物。

昔 私の子供の頃の缶切りは 使うと手前(自分の体に近くなっていく)に開いていく物でした。

しかし、これは使うと自分の体から離れていく方向に進んでいきます。


昔の物に比べて とても使いにくく感じました。
年老いた母には なおさら 使いにくいを通り越して 使えない物だったのです。

それで 我が家に有る昔ながらの缶切と交換しました。

どうして、そんな使いにくい物が普及するようになったのかしら?

缶切りはたま~~~に 何かでもらうだけだけれど 
最近の物は全てこのタイプになっているように思うのですが。


小さなことだけれど、ぽつぽつ感じます。
お年寄りに優しい物が、減ってきている
あるいは 優しい物が少ないような気がします。



そんなことを考えていると 
昨日だったか 新聞に「犬の税金」の記事が有ったのを思い出しました。

犬を飼っている飼主から 税金を取るということを検討しているというものだ。
課税をしたら むやみに犬を捨てないだろうという 安直な発想のもと。

何でそんなことに結論づけるのかしら
問題はそこではないだろう!


捨て犬が起こる根源に 対処せず 見えてきた現象にのみ蓋をしてごまかす
そんな考えはいいかげんにして欲しい

そんな政策では 100%捨て犬は減りません。


命の大切さを 考えたらそんな結論は出てこないでしょうに。。。。
スポンサーサイト

 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード