FC2ブログ

お出かけ

ペグの一大事



PM8:40頃に布団に入った私

しばらくして(9時少し前)私を呼ぶ 叫び声がする!

とんで行って見ると ペグが口から泡を噴き けいれんしている 失禁も

けいれんは激しいものだった。
いつまで経ってもおさまらない。と飼い主にとってはとても長い時間に思えた。

ここで死なせてなるものか!
と、必死にペグを抱きかかえていました。

ユナもペグの変化に驚いた様子と、心配そうな様子を見せて戸惑った様子でした。


けいれんは8分ぐらいだったでしょうか?

その後10分程 ペグは平静になったけれど 再びけいれんが起こりました。今度は時計を見て8分間のけいれんでした。

その後も ペグは筋肉が衰えたように足元がふらついていました。


どうしよう。。。
宿は田舎で近くの病院には1時間半はかかるとのこと。(昼間開業)夜間の病院は3時間半かかると。しかも夜。
灯りの無い道をペグ姉が運転していくのは不可能。私は既に睡眠薬を飲んでいたし。

朝6:30には出発して 帰宅しよう。ペグの状態を見て 途中で病院に寄るかも。ということにしました。宿の人は車の中で食べられるようお弁当を用意しておくと言って下さった。



それから ペグ姉が知り合いの獣医さんに電話で相談診察をしてもらった。
次のけいれんが起こった時のために 薬を近くの病院でもらって ペグには出来るだけ刺激を与えないようにして 旅行を続けてもいいと。アドバイスをもらいました。

それでもやっぱりペグの事が心配だったので 帰宅しようと思って一晩眠れぬ夜を過ごしました。(睡眠薬効かなかったなぁ~~~)

AM4:00 ペグを見た時にはいつもの生気の有るペグになっていました!
うれしい!
でも心配 1度に2回も長いけいれんを起こしたから。




2018031315.jpg


AM6:30に 宿の人に ペグが少し落ち着いたから 7時位の出発にしようと思うと伝えに行くと



2018031400.jpg



お弁当は作ってあるのだけれど 朝食を用意する係に私達の朝食が要らないという事を伝えていなくて、用意されているとのことで 結局宿で朝食を食べることになりました。


2018031421.jpg


宿のサービスで このエコバッグをプリントアウトしてもらっている間 おかみさんや娘さん達と立ち話をし、車に乗りこんで出発しようとしたところ


2018031401.jpg


私達の宿泊した隣の宿から 「ちちんぷいぷい」の旅のロケ班が出てきました。



2018031402.jpg


ということで二日目は二日目に泊まる宿へのコースで 途中動物病院に行きました。


そこで万が一のためのお薬を入手。


2018031405.jpg


そして次は宿へのルートの途中に有るこのお店で



2018031403.jpg


私は珈琲ソフトバウム という物を注文しました。
珈琲色のソフトクリームが乗っているのかと思いきや 珈琲シロップでした。



2018031404.jpg


ペグ姉は抹茶ソフトバウムです。



2018031406.jpg


その後 新庄総合公園に行って ゆっ~~~くりと散歩をしました。


2018031407.jpg


広いわねぇ~~~



2018031408.jpg


宿の人が用意してくれたお弁当です。



2018031409.jpg


クリスマスローズも咲いているわね




2018031412.jpg



2018031413.jpg


休憩していたあずまやから 周囲を見渡してみると



2018031414.jpg



こんな風に



2018031415.jpg


すごく広くて演芸場や 花やオブジェや 遊ぶところなど ゆったりと設けられていました。



2018031424.jpg




孔雀葉牡丹



2018031417.jpg


葉牡丹


さて 観光予定の場所を大幅にカットしたので、PM2:00前には宿に着いてしまうけれど 早すぎたら宿の駐車場でしばらく待つことにしましょう。        
                      つづく


スポンサーサイト

 

No title

その後、ペグちゃんは大丈夫ですか?
まだ、ブログは旅の途中でしたが、居ても立ってもいられなくてコメント書いてしまいました。

うちのチャムは・・・
お客様の所で生まれた子なんですが・・・
先天的に心臓発作を起こしてました。
いわゆる、てんかんです。
素人が産ませた子で、お父さんが同じように、てんかん発作があったみたいなんです(そういう場合は、産ませちゃいけないんですけどねぇ)
チャムは、1ヶ月に1回くらい、てんかんが起きてました。
冬場は、1週間に1回くらい・・・
ソファで寝ていても、パッと起き上がり、下に降りて痙攣・・・
よだれダラダラで手足は突っ張る・・・
何もしてあげられなくて、こちらは見てるだけ(応援したり、側にいるしかなかったです)
ニトロ(液体タイプで舌下にスプレー)もありましたけど、発作が起きてすぐにしなければいけないとかで・・・
それでも、あまり効きませんでした。
早いと、数十分で収まりましたが・・・
ひどい時は、収まったかと思ったのに、またてんかんが起きて・・・
合計2時間くらい、てんかんが起きていた事もありました。
いつ起きるか分からない・・・という不安が常にありました。
店で起きた時は、吐いてしまって・・・
お客様もビックリされて、“どうにか出来ないの?”と、言ってらっしゃいましたっけ・・・
チャムは、発作が収まると、すぐにトイレに行きたがってました。

その後、生食に出会い・・・(生肉をメインにした食事)
チャムの為に、始めようと思ったのです。
朝は、フードで夜だけ生食だったのですが、10歳くらいから亡くなるまで・・・
一度も発作が起きなくなりました。
これには、ビックリしました。
生肉には、心臓に必要なタウリンが豊富だとかで・・・
毎日、心臓の薬を飲んでいても、定期的に起きていた発作が、起きなくなったというのは驚きでした。
ハッキリは分かりませんが、変えた事といえば、それしか思いつかないのです。

ペグちゃんのてんかんは、年齢的なものなのでしょうか?
人間でも、高齢になれば、心臓発作のリスクも上がりますものね?
いつ起こるか分からないというのは不安ですが・・・
ペグちゃんらしく過ごせるといいなぁ~
いよかんさんも、ご自身の体調がお辛い時もあるでしょうが・・・
お疲れの出ませんように・・・

No title

チャム・リム・Yさん

ご心配いただきどうもありがとうございます。
ペグはその後 けいれんはまだ起きていません。それでもたまに足腰がふらつくのと、頭が少しゆれるという症状はよく見られます。ペグの場合は心臓では無く脳の方の問題なのではないかと思われます。
2次医療の動物病院に予約を取り 今日検査に行くことになっています。


朝はとても元気ですが 朝に比べると夜はだんだん静かめになってくるので 「明日も元気でね」と言って就寝につくこの頃。やっぱり心配です。

お大事に・・・。

そうなんですね・・・
ハッキリするまで心配ですね。

チャムが晩年・・・
散歩途中に倒れてしまって、『ココで発作?』
って、焦ったんですが・・・
家の近くだったので、落ち着いてから帰る事が出来ました。
その後も様子がおかしく、頭がフラつくし、なにより立てなくなってしまって・・・
夜の22時過ぎでしたが、いつも診て貰ってる獣医さんに電話しました。
その時は、とりあえず様子見で次の日に、病院に行きました。
診断は、前庭疾患。
眼振(眼球を見たら、揺れていませんか?)が見られたので・・・
いわゆる船酔いみたいな状態になってると言われました。
前庭疾患は、シニア犬はかなりの確立で発症するようです。
いわゆる、脳の疾患ですよね?
でも、この時は獣医さんに『治るよ!』
と、断言されました。
これが治るのか?・・という症状だったのですが、ちゃんと治りました。
頭が右が左か忘れましたが、傾いたままになって・・・
立ち上がれず、ほふく前進(前足だけで動いてました)・・・
2回目の前庭疾患を起こしてから、徐々に体調が悪くなりましたが、1回目の後は復活しました。
ペグちゃんの症状が、重篤で無いよう・・・
心から願っています。
いよかんさんも、お辛いでしょうが、思いつめず、ご自愛下さいね。

No title

チャム・リム・Yさん

お返事遅くなりました。ごめんなさい。
前庭疾患もラブちゃんの場合は多いようですね。
ペグはそれではありませんでした。検査しても腫瘍は見つからず。それはそれでいいのですが 普通でない症状が続いています。詳しくは今日のブログで書くとして。

昼の散歩は私一人なのでやはり途中で倒れてしまったらどうしようという不安が有りますね。
以前のようにペグが昼の散歩を嫌がったら無理していくことは無いのですが この頃はこちらが足ふきタオルを用意していたりして「散歩だ」と思ったらルンルンになっているのです。
ここのところ雨で散歩は中止ですが。。。どうしましょうかねぇ。。。。

Re: ぷいぷい

鍵コメさん

放映ありましたか?
22日は見ていませんでした。残念。

あの日の朝は 長い間旅館の女主と外で立ち話をしていて、その後車に乗りこんで出発しようとした時に例の後ろ姿を発見したのです。マイクも既に掲げて有ったし 本当に偶然でした。しかも隣の宿から。隣の宿も同じ名前の宿だったみたいし。。。


コメントの投稿

非公開コメント

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード