お出かけ

春のような日差しをあびて



201401298.jpg


先日テレビで 千早赤阪村の水仙が2月頃まで見ごろだと報じていたので 一度行ってみたいと思っていました




201401299.jpg



前夜は雨だったのか?
ぬかるみがちな足場


イメージしていたよりは狭い面積の所でしたが
それなりに水仙も咲いていて 観光客もちらほらと見受けられました。




201401292.jpg

ちょうど昼頃になったので 
急遽 森のくまさんに向かって昼食をとることにしました。


実は今日の一番の目的地の近くに有ります。

でも こんなへんぴ?というか何もないような(道中の道がね)自然に囲まれたところに 本当に食事に来る人はいるのか?と車を走らせながらも疑問に思うことしきり。。。。。



201401296.jpg



でも迷うことなくナビに案内されてつきました。
外のディティールも可愛くて、まだ食べてもいないのに 来て良かったと思わせられました。



201401297.jpg


私たちが到着してから すぐに3組のお客様も来られて なんで???
と思いました。

あとから来られたおじさんが ペグに舐めて欲しがっていました。



2014012916.jpg



ワンコづれは テラス席です。
じっと座っていると少々ひんやりしました。

よくテラス席のお店であるような 毛布が欲しかったです。


201401294.jpg



なぜ 次から次へとお客様が来られるのか 出てきた料理で納得しました。


野菜たっぷりの お料理。そして 味もとっても美味しかったです





2014012911.jpg



リピーターになりたくなる内容でした。

私たちもきっとリピーターになるでしょう。。。。




201401291.jpg



最後に行った所は 今日の一番の目的地です。

そこでの用事を済ませた後

ユナとペグも久しぶりにrunすることが出来ました



201401290.jpg


ちょっと欲張っていろいろ足を延ばしたけれど

プチ旅行のようで 心とお腹が満たされた1日でした。
スポンサーサイト

 

ユナとノンタン

更なる勇気を振り絞り



20140115.jpg


リビングで ユナの重低音が聞こえた


何をしているのかと思いきや



20140116.jpg


ノンタンがぴったりと ユナにくっついている



20140117.jpg


いや それだけではない

さらに ノンタンが試みようとしているのは




あろうことか!

ユナの背中に乗ろうとしている( ゆっくり ゆっくり )


20140118.jpg


その間 ず~~~っと
ユナの重低音が ユナの喉から鳴り響いている。。。。





20140119.jpg



どうなるのだろう。。。。


ノンタンはいい子だからね。


ユナも落ち着いて 落ち着いて



なんて 声をかけていたような気もする。






20140120.jpg




ユナとノンタン 視線を合わす


どうなるのか!







20140121.jpg



ユナはいつものように(いや 最近のたいがいの場合のように)ノンタンを瞬間的に追っかけるような行動には出ずに そのまま丸くなっていて、 ノンタンも自らバックしていった。





ハラハラさせられたのは こちらだけ?

 

ユナとノンタンとペグ

それでも僕はユナが好き



201401271.jpg


黒い物 それは



201401270.jpg

もちろんユナのお尻



201401272.jpg

ストーブの前で たまたま2頭が暖をとっていた



201401273.jpg


ユナは素知らぬふりを続け



201401274.jpg

ノンタンは 何度となく ユナの耳の辺りなどをチェックしたり・・・



最終的にノンタンを襲うことも無く この場は終わった。。。




201401276.jpg


またもや ユナに近づくノンタン


ちょっとストーカー的???






ペグの足は あれから毎日 消毒と薬をつけるも
完治しなくて 昨日ちょっとした検査をしてもらうと
ばい菌がいっぱいとのこと

それで昨日から足をきちんと洗ったのち

ドライヤーで指の間も乾かして
別の軟膏を塗ることになった。


朝にチェックすると 以前唇の所が足の掻き傷で皮膚がかきむしられているのが再び発生していた


ワンコにとってもっと楽なエリザベスカラーは無いかと検索していると



201401275.jpg


これが目についた


何処かでこれに似た物が????




201701278.jpg

以前私が使用していた物を
持ち出して見た。




水も楽に飲めていい感じ




201701279.jpg

いいじゃん!

動きもそう制約されなさそうだし




2017012710.jpg


母さん ペグちゃんだけ何つけてるの?




2014012711.jpg


でも 丸くなっている姿を見て
これは足で唇を掻けるし

4本足にも口が届くので 意味無しだと分かり

短時間で却下となってしまった。。。。



何かいい物無いかなぁ~~~~

 

思い

1 2 3  という日



昔昔のことでした。

義父が亡くなって何年になるのだろうと 
ふと考える 亡くなったのは1月23日 
これは忘れられない日です。(単純にね)


そう今年 18回忌となります。



当時は 介護制度も無い時代で 何から何まで私一人でしました。
1日だけ 入院している義父に対して 主人が隣で泊まり込みましたが 義父は不満をもらし、主人も好んで介護をする方では無かったので それ以降は全て私がすることになりました。

入院中は病院に寝て 朝には帰宅。家族の食事の用意や掃除などをして また病院に行く そして夕飯の支度にまた帰宅。そういう生活を繰り返していました。


そうこうする中 父が退院したいといい 年末に自宅で介護をするのは大変だろうと 主治医も言って下さったのですが 退院することになりました。


退院後は いつ終わるともしれない介護生活が続きます。
夜昼問わずの 4時間ごとのトイレ 一度連れて行くと20分は出てきません。冬の寒い夜中もストーブにあたり待っています。出てくるとその後の介護をし、寝かせます。


最初の入院当時から少し痴呆も加わって来ていた義父でした。
介護の大変さを共に分かち合い 吐露できる相手も無く 母で電話で聞いてもらうくらいでした。



そんな生活の中 心がブルーになっている状態のピークを迎えた翌日
父は自ら 入院したいと言い出しました。
その頃には 本人が自家用車や タクシーで連れていけるような状態ではないので救急車を呼び入院となりました。

なんだかんだ検査を受けて 退院した頃とさほど変わらない体調だと分かり 私は一度自宅に帰って入院に必要な物をそろえていると 病院より電話が。

入院してほっとしたのか その時点で既に亡くなっていたようなのですが こちらが動揺してはいけないとの配慮でその事は伝えてもらえませんでした。




義父が生存中は 犬を飼うなどとは 願っても200%ありえないと思っていたのですが

その後 コロコロと 飼える道筋が開けて来ました。


それこそ 夢が現実なるというくらいに ありえないことが現実に起こってしまった我が家でした。



201401234.jpg

最初のパピーの インク




201401236.jpg


当時は今のリビングが半分に仕切られていました。

よくあんな狭い所で 大型犬を飼っていたものです。



201401235.jpg


すくすく育っていったインク




201401233.jpg


今はどうしているのだい?
元気で♪ いる♪ かい?♪~





1月23日は こうして私達が 犬との出逢いをはじめられたきっかけの記念日だとも思っています。

 

健康

ペグの足



最近よく 舐め舐めをしていたペグです。

ソファーのカバーが汚れている。
色は 血液? 肛門腺?




201401201.jpg


ペグの足をチェックすると 4本とも爪と爪の間が 1か所ずつが

赤くなっていた。 写真は治療を初めて2日目のもの
1日目は後ろ足2本が ありゃ~~~!って 言う感じにもっとひどくて 周りの毛も簡単に抜けてしまいました。



201401200.jpg


2日目は痛々しい毛や 血の色も無くなって 赤みを帯びている
この日も 消毒と塗り薬をしてもらって

舐めないように 必要に応じてエリザベスカラーをつけています。


 

ユナとノンタンとペグ

今日は誰と暖をとる?



201401180.jpg


ふと見れば 

今日はノンタン ペグの側。




201401181.jpg


そう、相撲の時間です




201401182.jpg


私 一人でストーブの側に居たいのですが。。。
と、熱い視線を向けてくるも

自らは その場を退かない。







201401184.jpg


母さん何か言った?


その後もしばらく 2頭はこのままの状態でした。


ストーブが取り持つ縁 というところでしょうかね。。。

 

ユナとノンタンとペグ

少し変化?



201401170.jpg


栗栗大好き



201401171.jpg


モンブランも大好き




201401172.jpg


中にはチョコプリンが入っている



こんな美味しい誘惑もそろそろ ストップをかける頃となりました。
クリスマスから ユナのバースデー お正月と、美味しい物をしっかり蓄えた後は 新たに体型を気にしなくてはならない時期に入っています。






201401173.jpg



珍しいことに 朝から こんな風景が。。。




201401174.jpg


ノンタンだけは目がクリッと開いていましたよ。





201401175.jpg   




その後 数時間経って ふと見れがば


こんな光景 ありえない!?????


なのでありますが



201401176.jpg


顔を見たくて呼んでみると



ノンタンだけが振り返り



201401177.jpg


もう一度 呼んでみると



ユナがこちらを向きました。



201401178.jpg


その後またストーブであたたまっています。


この後どうなるかと 期待とちょっぴりびくびくで見ていると




201401179.jpg


ノンタンやるやないかぁ!




2014011710.jpg



おおー! ユナ怒らないぞ!





2014011711.jpg


ええー!また ノンタンが こんなことしてる!




2014011712.jpg



いつもなら とっくにユナがノンタンの事 俊敏に襲うような動作に入っているのに。。。。

明るい兆しなの? か?

 

ユナとノンタンとペグ

ねむねむ状態



201401150.jpg


午前中ならば ノンタンが近寄って来ると するりと身をかわして移動してしまうペグですが
夕飯後の 眠い時で、人間の膝に持たれている時等は こんな状態になっても平気です。





昨日は 実家の母の所に セラピー犬として行く。


が、母がワンコ達に甘いことを既に習得しているので 昼食時には 特にペグはガッツイて 食べ物くれくれを強引に押し通します。




盲導犬を卒業して 我が家に戻って来た時は ドライフード以外は 全く関心を示していなかったペグだけれど 誰が今の状態にしてしまったのか!???




我が家の皆でしょうね。。。。(涙)




とにかく 食べ物の事が 脳を占める割合がとても多いペグであります。
ユナは 同じく食べ物を見ると 欲しいまなざしは強く投げかけますが 体は自制しています。
つまりマナー的にはいいと言えます。




201040151.jpg


それにしても 食べ物が有る場面でもちゃんとステイが出来るように 躾しなおさねばなりません。。。。




2014701153.jpg



興奮しまくりの1日を終えて ペグはぐったり寝ておりました。
まだ 就寝時間じゃないよぉ~~~

 

思い

不思議不思議 何処に行ったやら・・・



201401132.jpg


こんな感じで寝ていると 落ち着いている感じです




201401133.jpg


ノンタンもまあまあ満足げなのですが



201401131.jpg


こういう状態になると こちらも内心ドキドキ


特にこの写真の前日 ノンタンが何もしなくて私の膝の上に乗ってこようとした時の事
いきなり隣に居た ユナが飛び起きてノンタンをめがけて飛びかかろうと追いかけました。
だから余計にハラハラしていました。




201401130.jpg



近所への買い物の時に 3頭を留守番させるために それぞれに毛布とエリザベスカラーをつけたところ ペグの隣に居たノンタンがもそもそと動きだし ユナの背中にまでやって来ました。
それはよせと もとに位置に運んでも再びこの位置に。
結局 仲良くしているのよ と この状態で出かけました。
きっと 襲われなかったことでしょう。


            結果は3頭のみぞ知る。。。。





我が家に再び トライアルゾーンが出現
あれから4日ほど経ちました。

毎日のように使っている針山が無くなりました。
その日の朝 確かに見ました。
でもその後何処を探しても無いのです。
捨てる訳がないと 探しつつ日は過ぎました

でも出て来ないので とうとう諦めて 


201401140.jpg


右側の物が洋裁店で購入した待ち針21本入って300円程 
高い!それに21本じゃ仕事にならない!

百均で売ってるのじゃない?
と アドバイスを受け

そうだったそうだった!
向かって左が40本入った百均の待ち針を2つ購入しました。



201401141.jpg


作るのめんどくさい!と思っていたけれど とうとう重い腰をあげて作りました。
はぎれと 廃品に入れていた厚紙と 穴の開いたワンコのおもちゃの中の綿を使用
パパパッと この形にするのに 所要時間約10分(カリスマドッグトレーナー シーザーさんの番組風に表現)
下には手首にはめられるようにゴムもついています。




201401142.jpg


使い心地満点。
ちなみに百均の針の方が短くて 使いやすいです。
高価な方は長いので 私の作業には使いにくく側面(写真では下の方)に刺しています



それにしても 以前の針山は何処に行ったやら 
いつでもいいから 出ておいで・・・

 

ユナとノンタンとペグ

ペグの行動パターン



201401090.jpg


ソファーで寝ている2頭の子達



201401091.jpg


頭をくっつけて 何をお話ししているの?


ペグはとっても満足そうね。




201401092.jpg

ペグは大概の場合 これでもか!と言う位 アンモナイト型になって休んでします


例えばお腹に湿疹ができたりして チェックしたい時でも 筋肉と骨とがこわばったか!?というくらい 頑としてお腹を見せようとしません。


でも最近 寝起きに こうして


201401093.jpg


背中踊りというか





201401094.jpg


お腹を見せ放題の姿勢になります。




201401095.jpg



この時とばかり お腹をチェックしようと思っても 



201401096.jpg



これは一瞬のできごとで 





201401097.jpg




するりと身をかわして見えない体勢になってしまいます。






トイレ出しをした後
先にユナが入って来て
ソファーに乗りました。



201401098.jpg


狭い空間に よいしょと入り込んでいるペグ




201401099.jpg



ペグちゃんあっちはあんなに空いているのだよ

こちらの場所が好きなのか?
ユナとぴったんこと くっつきたいのか?
これでは ペグは丸くなれません。。。。



それにしても ユナはペグには怒らないわね。。。。






 

ユナとノンタンとペグ

寒い1日



201401050.jpg


世界のあちこちに寒波がやって来て いますが
我が家の周りでは いまだ雪は降らず バケツの水が氷るくらいなのですが

それでもストーブをつけると
寒がり屋さんが より近い場所にやって来ます。




201401051.jpg


あら ペグちゃんも寒いの?



午前中は ノンタンの素早い動きなどからして ちょっとノンタンを苦手としているペグもストーブの暖かさには負けて ノンタンの後から この場所に来ました。






201401053.jpg



背中がぴったんこと引っ付いて 微笑ましい





201401052.jpg



カメラをひくと こんな全体像になります





201401054.jpg



もうちょっとユナちゃんに引っ付いてみようかな???





201401055.jpg



冒険行為のノンタンでしたが ユナは怒らずそのまま丸くなっていました。





めでたしめでたし。。。。

 

ユナとノンタンとペグ

今年も仲良くしようぜ!



明けましておめでとうございます

スロースタートとなりました

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




201401030.jpg

新年早々 ノンタンが!!!





     愛されております。


201401031.jpg

下を向いていても パピーっぽさが前面に出ているペグ。
お客様からもらったおもちゃに集中です。




201401032.jpg

昨日は私だけが所要で外出。
帰宅すると すんごく すんごく ユナ&ペグが 喜び勇んで出迎えてくれて しばらく興奮が冷めませんでした!


疲れも吹っ飛ぶというものです。



が、夕飯がすみ くつろいでいる時 ペグと 隣で声かけても全くのポーカーフェイスで この状態をくずしません。
いついかなる時も 私がリーダーであること。リーダーの指示には素直に従うことを 今年(も)クリアするように努めねばならないと再認識です。




が、眠かったのか???


201401040.jpg


その後 いきなりドタッと 私の膝の上に倒れこみ ノンタンにもググッと迫った格好で寝てしまいました。
(私が帰宅した時に 興奮しすぎたのね。。。。)


驚くノンタンも 何処かに移動することなく


201401041.jpg


ずっとそばで寝ておりました。。。。

 

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる

ペグ  2011.4.10引退犬となり
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(09.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(04.4.4~05.6.12)
05.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
07.7.19盲導犬デビュー
11.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
07.6.13 I家に委託引継ぎとなる
07.10.13終了式
08.11.26盲導犬デビュー
16.   盲導犬引退







QRコード