FC2ブログ

思い

サプライズ!



2020010800.jpg


夜の8時位だったろうか。ピンポ~ンとチャイムが鳴った。
何?


友人からペグちゃんにお花が届いた。
ビックリ!サプライズプレゼントだ!



2020010801.jpg


優しい心遣いに感謝有るのみ。。。
どうもありがとうございます。



早速ペグちゃんの所に持って行った。
エアリーも喜んでいる 
2頭と暫く語らいの時間を持つ。
そんな時間は まだまだ辛くなってくる。
可愛い子供達。



2020010802.jpg


赤い矢印はペグの上に乗るユナ。

青い矢印はエアリー。

いい子達だったなぁ。




2020010803.jpg



毎朝 お薬を飲ませる時、左手を私の上着のファスナーの所にひっかけるようにしている。




2020010804.jpg


昨日から判明していた足の舐め舐め傷が更に悪化している。




2020010805.jpg


で、その部分をカバーする物を着用させたが、マジックテープをはがそうと舐め舐め行動が激しいので




2020010806.jpg


以前作った服を着用。


今は着用から数時間経ったけれど 舐めることも無く着ている。
短期間に治るといいのだけれど。。。

スポンサーサイト



 

思い

こんな時代も有ったのに



200601yunanon.jpg



昔の私のブログを見ていると ユナとノンタンのとても微笑ましい仲のいい写真がいくつも有りました。
そう、以前はよく引っ付いていたものです。。。。が。。。




ipu1.jpg


小さい方のワンコはイプちゃんです。 大きい方はユナね。
イプちゃんが初めて我が家に来た頃の写真です。



ipu2.jpg


写真からは 仲良さそうに見えますね。



ipu5.jpg


イプちゃんをきちんとパピーウォーカーとして育てて訓練所にお返ししたいと思っていたけれど、6か月位経った時に娘が交通事故に遭って入院し、手術やリハビリ、その後手術でいれたピンを抜くため再手術。そしてリハビリと長く続きました。

で、事故に遭った時にこのままではイプちゃんに対しての家庭環境が良く無いと思って、Iさんにパピーウォーカーのバトンタッチをお願いしました。
イプちゃんはその後 盲導犬になり 勤めを終えて 再びIさんの家の子となりました。

そして、10月17日に永眠したそうです。


悲しい知らせです。
我が家で一番やんちゃだったイプちゃん。
あんなにやんちゃだったのに ちゃんと盲導犬になれました。
仕事ぶりも見させていただいたこともあります。

ユーザーさんも優しそうな方だったし、引退後のIさんのお家でもきっと楽しく過ごせたことでしょう。
さようなら イプちゃん。。。。。。。。。。。

Iさん どうもありがとうございました。

 

思い

犬・猫を飼う前に 心得て欲しいこと



2019081303.jpg


日本中のほとんどの人が驚き&祝う気持ちをいだいたであろう先日の小泉さんとクリステルさんの結婚発表。
とてもお似合いで素敵なカップルだと思います。


が、私が毎日拝見しているブログの中でこんな事が書かれていました。
内容は うんうんそのとうり。と、思いを共感したので既に読まれてご存知の方も多いかと思いますが、
ぜひご覧ください 黒いばあさん犬 きんときです。


昔チワワを使ったCMで一気にチワワブームが起きたことも記憶に有りますが、そんな事にならないように。


仔犬がかわいいかわいいと 称賛するTV番組も多いですが それを流すなら少なくともその倍 保護犬活動をされている方や 保護されているワン&ニャンの現状番組を放映して欲しいと思います。


保護犬・猫活動は 著名人で無くても ブログを検索したら 本当に熱心にどうしてこんなに愛情をもって長期にわたって保護活動をされているのだろう。そのパワーは何処からくるのかと、頭が下がる方々がたくさんおられます。


話は違いますが ご近所に中型犬(昔職場に迷い込んできたワンコだったそうです。)を飼っておられる方が 10月頃にワンコの病気のために100万円を下ろしたそうで それが暮れの12月位には使ってしまわれたとのこと その後そのワンコは1年余り家族の熱心な介護の末に無くなりました。それまでに数回在宅医療も受けられていたとのこと。中型犬でも病気によってはとても費用がかかります。



2019081302.jpg


命を預かる
それは我が子を育てるのと同じだと思います。

最後まで愛情と責任を持って生活していただきたい。

 

思い

「病院ラジオ」から思うこと



2019080800.jpg


ノンタンの手が可愛くて 思わずパチリ。




2019080801.jpg



寝ころんでいる姿が可愛くてまたしてもパチリ。



2019080803.jpg


昨日寝る前 偶然にサンドイッチマンが司会をしている病院ラジオというNHKの番組を見ました。
入院している人や治療している人(主に癌患者)が主にゲストとして次々に参加しているのだけれど サンドイッチマンの爽やかな会話進行と共に 病気と闘う人々の姿から こちらも力を感じさせられました。

世の中にはいっぱい病気と闘っている人が居る。すごい山をの乗り越えて現在を明るく生きている。まだ10代の子から年配の方々まで、今の思いを語ってくださった。


私の今の体調の悪さはそれに比すると ちっぽけなものだ。


サンドイッチマンさん達の魅力もあらためて感じさせられる番組だった。
(サイコロころがして、バスに乗ってたどり着くあの番組も面白いっちゃ 面白いけれど そこで見せる彼らとはまた違うすごくイイ男で、いい味だしてました。) 

 

思い

尊敬する人



2019071100.jpg


世の中尊敬する人は 数人いるけれど 2か月位前だろうか?
若手。しかもそんなに好きでも嫌いでも無く 正直関心の無い方だった彼女がテレビ番組の中で「私基本、甘い物は食べないので」と言った!


いえ、おっしゃった!
 
その言葉で私は彼女を見る目が変わったのだ。
すごい!
私もそんな人間になりたいと!
その人物はみちょぱです。


だのに 頼まれたローソンのバスチーと何か甘い物数点と言われ これらを買ってしまった。。。。。

ちなみに、このバスチー私好みのチーズケーキでは無かった(ひとかけ試食)。どらもっちが一番美味しかったです。






2019071101.jpg


昨日再び復活したかと思ったノンタン。夕食はストップ。

ユナの食事をちょっとつまみ食い。


2019071102.jpg


自分のフードにはそっぽを向き。



2019071103.jpg


こちらを向いても知らんぷり。。。




2019071104.jpg



もう食べないかと思った頃にやっと食べ始めた。


食事が夜型になって来た?


朝にまた少し吐いていたし、朝食も食べていた物を吐いてしまった。
一歩前進一歩後退の状況です。

 

カウンター




いよかん

Author:いよかん
PWを出発点としてワンコ達との生活が始まり 今もこれからもいろんな形でワンコ中心の生活になるだろう我が家のあれこれを紹介します

現在同居の子供たち
ノンタン 2004.6.6生まれ
      とする♂

ユナ  2005.12.29生
     委託終了後07.5.29
    我が家の一員となる





以前の同居の子どもたち
    (飼育受託期間)

インク 2003.2.25生まれ♀
(03.4.20~04.3.25)
介助犬としてデビュー
(2009.4)


エアリー2004.2.14生まれ♀
(2004.4.4~2005.6.12)
2006.12盲導犬デビュー
2015.3.22
 引退し我が家に帰宅
2017.1.16 永眠

      
ペグ 2005.3.8生まれ♀
(05.5.1~06.6.11)
2007.7.19盲導犬デビュー
2011.4.10引退犬となり
   我が家に帰宅する
2019.2.2 永眠


ユナ 2005.12.29生まれ♀
(06.2.2~07.1.28)
1.28終了後
(07.2.19~4.16一時帰宅)
5.29 我が家の子になる


イプ IPU 2006.10.20生♀
2007.6.13 I家に委託引継ぎとなる
2007.10.13終了式
2008.11.26盲導犬デビュー
2016.   盲導犬引退
2019.10.17 永眠









QRコード